知らないと損!大衆薬購入で税を浮かせる法

2017年スタートの新制度を知っていますか

従来の医療費控除の対象となる医療費には、病院に行ったときの治療費や処方箋代以外にも、交通機関を使った通院費や、薬局で購入した市販の薬代も含まれます。これはスイッチOTC医薬品以外もです。対して、セルフメディケーション税制の控除対象となる医療費はスイッチOTC医薬品の購入額に限られます。

しかし、適用条件の「1万2000円を超えた場合」は、従来の医療費控除の「10万円を超えた場合」よりかなりの少額。月平均で1000円以上の購入額ということになりますし、家族の分も含められることに変更がない点からも、「利用できる壁が低く」幅広い方々に適用することが可能に。ただ、セルフメディケーション税制は利用できる壁が低い分、控除額の最高額も8万8000円と従来の医療費控除より低いので、「控除の恩恵が低い」。そのため、手術など多額の医療費がかかった場合はセルフメディケーション税制より、減税額が多くなる従来の医療費控除を選ぶほうが有利です。このように、どちらかを選択するかを的確に行うためにも領収書の整理は必須となります。

私は家計簿をつけていますが、毎月の記入を終えると保管は先ほど述べたように2つに分けています。毎月の家計のやり繰りとは別で、医療費控除では金額を1年間の合計額でしか判断しないので保管に日付は関係がないことと、一緒に生計を立てている家族分も含めることができるので名前ごとに分ける必要もないことが理由です。

年が明けたばかりでまだ先のことかもしれませんが、ぜひ、みなさんも平成29年度(2017年度)の確定申告を見据えて領収書の取りこぼしがないように管理しておきましょう。

社会保障の負担金減少への期待も

いずれを選択したにせよ確定申告を行う必要がありますし、手続きには時間もかかります。それでも、自分にまったくかかわりのない税金の話ではなく、医療費のこととなれば、自分自身も含め、子供や大切な家族にも関係があることなので、知っておいて損はありません。むしろ得する知恵です。専門的な部分で判断に迷うところがあった場合も「こういう話を聞いたことがあるんだけど……」というだけで、専門家への相談の糸口になります。

スイッチOTC医薬品を積極的に利用することで、これまでの「病院で診察を受け、処方箋を受け取り、医薬品購入する」という流れが減少し、日本における社会保障の負担金が減少するという副次的効果も期待できます。薬で治せる程度の風邪などの病気で病院に行くことが減ることにより、国負担の医療費も減少。そのため、税金の消費も抑えられることとなり、子供や孫世代の負担を軽減することにつながるのです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT