最新「海外進出先ランキング」トップ50

中国のシェア低下の一方で急浮上するインドネシア

中国からのシフトが鮮明なASEAN

2004年の新規進出では中国本土が5割を占めていたが、12年は28.7%とシェアが低下、それに対しASEAN10カ国の合計が32.7%と中国を上回った。中でもインドネシア、タイ、ベトナムが目立つ。またASEAN以外ではインドがランキングの上位。一方、2位が定位置だったアメリカは、10年に3位、11年、12年は4位と順位を下げている。

こうした動きの中、特に伸長著しいのがインドネシアだ。12年に設立または操業を開始した新規進出現地法人数(今回調査時点判明分)は70件、13年以降の進出予定も14件と、ともに国別では中国に次ぐ第2位へと上昇した。

インドネシアへのこれら新規84件のうち、業種では輸送用機器が20件で最も多い。

次ページ自動車の需要増が顕著
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。