最新「海外進出先ランキング」トップ50

中国のシェア低下の一方で急浮上するインドネシア

インドネシアの首都、ジャカルタ。日本企業の進出が目立っている

東洋経済は上場企業はじめ国内有力企業を対象に1967年から日本企業の海外進出に関する調査を行っている。直近の第42回調査(2012年10月実施)の結果を『海外進出企業総覧2013年版』として刊行したが、そのデータを集計したところ、調査時点現在における日系海外現地法人数は2万5204社に上った。

過去ピークに並ぶ新規進出件数

新規進出件数を年次別に見ていくと、2011年は全世界で1017件と、ピークだった04年(1048件)とほぼ並び、海外進出は勢いを取り戻している。12年は736件だが、これは12年10月時点までの集計であり、次回調査では上方修正され1000件を超えるものと見込まれる。

近年の特徴は進出先の分散が進んでいることだ。新規進出先の年次別でみた国別ランキングでは、中国がトップを維持しているものの、かつてほどの中国一辺倒ではなくなっている。

次ページ中国からシフトした進出先は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。