最新「海外進出先ランキング」トップ50

中国のシェア低下の一方で急浮上するインドネシア

インドネシアの首都、ジャカルタ。日本企業の進出が目立っている

東洋経済は上場企業はじめ国内有力企業を対象に1967年から日本企業の海外進出に関する調査を行っている。直近の第42回調査(2012年10月実施)の結果を『海外進出企業総覧2013年版』として刊行したが、そのデータを集計したところ、調査時点現在における日系海外現地法人数は2万5204社に上った。

過去ピークに並ぶ新規進出件数

新規進出件数を年次別に見ていくと、2011年は全世界で1017件と、ピークだった04年(1048件)とほぼ並び、海外進出は勢いを取り戻している。12年は736件だが、これは12年10月時点までの集計であり、次回調査では上方修正され1000件を超えるものと見込まれる。

近年の特徴は進出先の分散が進んでいることだ。新規進出先の年次別でみた国別ランキングでは、中国がトップを維持しているものの、かつてほどの中国一辺倒ではなくなっている。

次ページ中国からシフトした進出先は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。