最新「海外進出先ランキング」トップ50

中国のシェア低下の一方で急浮上するインドネシア

インドネシアの首都、ジャカルタ。日本企業の進出が目立っている

東洋経済は上場企業はじめ国内有力企業を対象に1967年から日本企業の海外進出に関する調査を行っている。直近の第42回調査(2012年10月実施)の結果を『海外進出企業総覧2013年版』として刊行したが、そのデータを集計したところ、調査時点現在における日系海外現地法人数は2万5204社に上った。

過去ピークに並ぶ新規進出件数

新規進出件数を年次別に見ていくと、2011年は全世界で1017件と、ピークだった04年(1048件)とほぼ並び、海外進出は勢いを取り戻している。12年は736件だが、これは12年10月時点までの集計であり、次回調査では上方修正され1000件を超えるものと見込まれる。

近年の特徴は進出先の分散が進んでいることだ。新規進出先の年次別でみた国別ランキングでは、中国がトップを維持しているものの、かつてほどの中国一辺倒ではなくなっている。

次ページ中国からシフトした進出先は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。