「ノーシャンプー」生活は頭皮や髪に効くのか

立ちはだかる二つのカベ

「メーカーが正しいシャンプー法を周知しないことに、根本原因があります」

国際毛髪皮膚科学研究所の井上哲夫所長はそう指摘する。シャンプーしたという人の頭皮をマイクロスコープで見ると、汚れが残っているケースが多い。

「洗い方が間違っているとどんなにシャンプーを変えても満足できない」(井上所長)

洗髪のポイント

洗髪のポイントは、手のひらで泡を立てること。そして頭皮を指の腹でもみ洗いすることだ。

先の坪井教授は「洗いすぎ」を問題視する。歴史をひもとくと、江戸時代の洗髪は月に1、2回。「シャンプー」という名の商品が登場したのが昭和元年で、記者が生まれた1960年代の新聞広告には「5日に一度はシャンプーを!」とある。毎日洗うようになったのは、ここ30年ほどのことだ。内風呂の普及と80年代の朝シャンブームが拍車をかけた。坪井教授は言う。

「診察する患者のうち6割は“洗いすぎ”です。一般的にシャンプーは週に2、3回で十分。私は週2回です。また、シャンプーをコロコロ変えるのもやめたほうがいい。かぶれやすくなります」

大事なのはシャンプー選びよりシャンプーとの「距離」だ。

「頭皮や髪の状態はひとりひとり違う。使い心地のいいシンプルなシャンプーをひとつ決めて、『適正な量と頻度』を見つけることです」(坪井教授)

この取材をきっかけに始めた記者の湯シャン生活も1カ月を過ぎた。ノープーとシャンプーの間のベストポイントをどこにおくべきか。頭のむずがゆさとの相談が続いている。

【記者とノープーの40日】
0日目 ノープーにトライしたいが、取材があると思うとなかなか踏み出せない。におったらどうしよう
1日目 湯シャンに初トライ。ふだんの「すすぎ」が洗髪。泡がないので、汚れが落ちたのかどうかよくわからない
4日目 髪に指が通らず「酢リンス」に挑戦。効果てきめん。においも指摘されず、以後はマストに
7日目 湯シャンにしてから髪がいつもむずがゆい。気温が上がるとかゆさが増してボリボリ
10日目 9日ぶりにシャンプー。髪が乾いたあとのシルキーな手触りに感動
16日目 冷え込んできたせいか、ムズムズが軽くなってきた気がする
24日目 大事な取材。こんな日はやはりシャンプー。頭すっきり、心もすっきり
33日目 フケが増えたのでは疑惑。紺や黒の服が着られない
35日目 ロレアルのノープー商品を試す。甘い香りに女子気分
40日目 ノープーは時短になるというが、頭がかゆくて毎朝洗わないと無理。数日に1回のシャンプーのほうがトータルでは時短になるかも。さて、どうする?

(編集部・石田かおる) 

AERA 2017年1月23日号

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング