任天堂「スイッチ」が覆すTVゲームの遊び方

画面だけではなく相手を見ることも必要に

ついに詳細が発表された「Nintendo Switch」(写真:ロイター / AFLO)

期待の最新ゲーム機「Nintendo Switch」が、3月3日に2万9980円(税別)で発売されることが明らかになった。東京ビッグサイトで実際に同機に触れ、遊べる体験会も開催された。

ゲーム体験の大変革

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

最初に登壇した同社取締役社長の君島達己氏が製品の概要を発表。発売日は2017年3月3日。2万9980円(税別)という価格が明らかになった瞬間に、会場からは大きな拍手が起こった。北米では299.99ドルで発売する。

スマートデバイスと連携するオンラインサービスを導入し、友達の招待やプレイの待ち合わせ、ボイスチャットなどが可能となる。このサービスは発売後しばらくは無料で提供されるが、今秋以降には有料化を予定しているという。

また、販売地域によってプレイできるゲームを制限する「リージョンロック」を見直し、Nintendo Switchではこのロックをかけないことが決定している。

1983年に発売された「ファミリーコンピュータ」以降、任天堂はゲーム機をリリースするたびに、プレイヤーに新鮮な驚きと感動の体験を与えてきた。カートリッジ式のゲームを屋外でプレイできるようにした「ゲームボーイ」。振動するコントローラーとアナログスティックで臨場感を演出した「NINTENDO64」。タッチパネルとデュアルディスプレイの可能性を世界に知らしめた「ニンテンドーDS」──。

同社取締役 常務執行役員の高橋伸也氏は、自社を「娯楽を追求する会社」であると表現した。Nintendo Switchは、娯楽追求のDNAを受け継ぎ、それをしっかりと詰め込んだゲーム機に仕上げたという。

次ページプレイスタイルを紹介
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT