BMW「新型5シリーズ」、乗ってわかった実力

7世代目への進化で一体何が変わったのか

導入当初にラインナップされるパワートレインは、4気筒および6気筒のガソリンターボ、もしくはディーゼルターボで、8ATがメイン。いずれのエンジン仕様にも4WDのxドライブを組み合わせることができる。後追いで、4気筒ガソリン・プラグインハイブリッドや、8気筒の高性能仕様が追加される。

そのうち、リスボンで開催された国際試乗会には、日本導入予定の540i Mスポーツ(ガソリン3リッター直6ターボ)と、日本導入は今のところ未定という530d xドライブ(ディーゼル3リッター直6ターボ)が用意されていた。

新型BMW 5シリーズ(G30型)を初試乗──ホンモノのスポーツセダンがやって来た

第一印象は…

初めて陽光のもとで5シリーズを見た。第一印象はというと、ずいぶん立派になったなぁ、だ。確かに、旧型よりも若干サイズアップしているのだけれど、ただ単に大きくなったというよりは、より高級感が増して7シリーズに近づいたように思えた。全体のデザイン性やディテール質感の向上によって、全体的に引き締まったように見えるからだ。

インテリアの仕立ても、まるで現行7シリーズと見まがうほど。水平基調でドライバーオリエンテッドなあたりはBMWの伝統様式とはいえ、凝ったディテールのデザインや、吟味されたマテリアルの採用などにより、これまでの5シリーズとはそのフィニッシュに格段の差がある。

まずは、黒いホイールに19インチのミシュランタイヤを履いたMスポーツ仕立ての白い540iに乗り込んだ。ちょっとヤンチャないでたちである。

荒れた市街地を走り始めてすぐ、一本スジの通った、ためらいのない乗り心地に感心した。段差が連続するような場合でも、決してアシは震えることがなく、イッパツでショックを小気味良く収めていく。硬質だが、心地がいい。ボディやフロアへの振動もまったくない。もの凄い”塊感”である。

次ページ大いに右足を喜ばせてくれる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。