トランプ時代は「ニュースの読み方」が変わる

特ダネ競争が激化し、ニセ記事も蔓延

トランプ時代には「ニュースの読み方」が変わる。写真は2016年10月撮影(写真:ロイター/Carlo Allegri)

ドナルド・トランプ米次期大統領が主要メディアに敵対する姿勢は、就任後も変わらないだろう。同氏が記者を軽蔑して、自身の財務や事業に関する詳細を公表したがらないため、情報源を明示しない記事が増えるかもしれない。

信頼性が高いとされる報道機関は長らく、こうした記事を出さないように努めてきたのだが、そうせざるを得ないだろう。こうした「トランプ時代」には、匿名の情報に基づく記事を、どう読み解くべきなのだろうか。

「スパイの目」で読もう

情報源を明示しない記事の信頼性は、その記事を書いた記者次第だが、すべての情報源が特定の意図を持っている点には留意すべきだ。実際には存在していなかった大量破壊兵器があると言い立てた匿名記事の積み重ねが、2003年のイラク戦争へとつながったことを、忘れてはならない。

一方で、匿名にする意義は確かにある。ウォーターゲート事件の際、ワシントン・ポスト紙の2人の記者は、ニクソン陣営による民主党本部への侵入や電話盗聴などの詳細を伝えるため、情報元を特定せず記事を書いた。報道に伴う報復から守るため取材先の実名を伏せるのは、特に国家安全保障上の告発に関係する場合、不可欠なことだ。

大半の読者には2つの選択肢しかない。記者を信じるか否かだ。そして、今後4年間は続くとみられるトランプ時代においては、信頼できる匿名の情報源が、報道において重要な役割を果たす可能性が高い。一方、情報源が党利党略などの目的で、言葉がそのまま反響するウェブの特性を悪用することもあり得る。

では、ニュースを見る目を養う方法とは、どのようなものだろうか。

第一に、諜報担当者が複数の情報源を評価するのと同じ手法をとることだ。記事に書かれている情報源がどんな人物なのか読者は全く知らないため、このやり方は完全に有効とは言えないものの、記事の流れを遡って、情報源に思いを致すことはできる。

次ページ「製造過程」について考えてみよう
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT