トランプ氏のツイッターの読み方を教えよう

フォロワーは約1700万人、アクセスも簡単

まずは記事を読みながら、トランプ氏のフォロワーに。トランプ氏のお作法を学べばあなたも一流の米国通(写真:代表撮影/UPI/アフロ)

フォロワー1700万人!トランプ氏のツィッターの読み方

このところ朝起きていちばんにチェックするのは、ドナルド・トランプ氏のツイッターアカウント(@realDonaldTrump)である。「今日は何を言っているんだろう…」とそのたびに戦々恐々の気分になる。フォロワー数は本稿執筆時点で1694万人。先月、筆者がフォロワーになったときは1530万人であったから、ただいま急増中ということになる。

この連載の記事はこちら

12月3日には、「今日、台湾の総統から大統領当選を祝う電話を貰ったぜ。ありがとう!」(The president of Taiwan CALLED ME today to wish me congratulations on winning the Presidency. Thank you!)と発信した。次期合衆国大統領ともあろうお方が、台湾の蔡英文総統と電話で直接話をする。これは北京から見れば、「ひとつの中国」原則に対する挑戦であり、「中台関係の現状を変更する試み」となる。トランプ氏は、中国共産党という虎の尾を思い切り踏みつけたのである。

ところがトランプ氏、すぐ後にこんな人を食ったコメントを続けている。
「台湾には何十億ドルもの武器を売却しているというのに、お祝いの電話を受けるべきじゃないという理屈は面白いね」(Interesting how the U.S. sells Taiwan billions of dollar of military equipment but I should not accept a congratulatory call.)

誰かが「殿、それはなりませぬ!」と慌てて駆け込んだのに、「そんなこと、俺は気にしないもんね」とすっとぼけてみせた。いやもう、「アメリカ・ファースト」の大統領になるわけですから、外交の前例を無視するくらいはご無理ごもっとも。こういうのを「知らない強み」と言うのかもしれない。

だが、これは確信犯と見るべきだろう。おそらくは共和党内の親台派が、用意周到に米台間の電話会談を仕掛けたものではないか。中南海は上へ下への騒動になったはずである。

こんな手を使えるのであれば、「中国製品に45%の関税をかける!」などと乱暴なことをする必要はない。しかもトランプ氏は翌日には、「中国は人民元を安めに誘導したり、南シナ海に巨大な軍事施設を作ったりしてケシカラン」などとうそぶいている。次期大統領の日々の「つぶやき」は、文字通り世界を震撼させているのである。

次ページツイッターの特徴は「つかみ」と「ふかし」
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT