トランプは「500年後の絶望世界」を作り出す

「旧ソ連の比ではない」とフルシチョフ孫娘

トランプ氏がもたらす新世界はすばらしいものなのか? シアトルで抗議デモを行うこの人々は、そう思ってはいないようだ。11月20日撮影(ロイター/David Ryder)

「愛するものが荒廃をもたらす」。英国の作家、オルダス・ハクスリー氏は1932年発刊の小説『すばらしい新世界(Brave New World)』でそう予言した。同作では娯楽や技術進化、モノの過剰などによって破滅した2540年の人類社会が描かれた。

米国はドナルド・トランプ氏を大統領に選ぶことでこの先500年間を飛び越え、まさに『すばらしい新世界』に到達しようとしているようだ。

米国の公共文化は長い間、民衆を放任する平等主義に彩られ、無限の創造性と抑制の効かない資本主義を支えてきた。

それは、かつてのソ連には魅力的だったのだ。ジョージ・オーウェル氏の小説「1984年」に描かれたように、ソ連では政府がすべての文化的創造性を地下に追いやっていた。米国が具現化した民衆の精神や想像力は、夢のような代物だった。

ソ連は1991年、反体制運動に押し流されて崩壊した。だが、ソ連市民が望んでいたような世界は実のところ、無意味な娯楽や幾多の下らないものに人々が抵抗できない、違った意味での監獄社会だった。そうした監獄はさほど不愉快ではない。それゆえに脱獄は難しい。これこそ、現在の米国が向かおうとしている社会なのだ。 

米国政治は映画の世界へと変質

過去を振り返ると、米国の文化産業は長い時間をかけて、政治をシュールレアリスム(超現実主義)のハリウッド映画に変えていったといえる。たとえば『スミス都へ行く』(39年)では、ジミー・スチュワート氏が純朴で世間知らずの田舎者の上院議員を演じ、『市民ケーン』(41年)ではオーソン・ウェルズ氏が権力者を演じた。彼が演じた権力者はトランプ氏に酷似している。

60年に若く精悍なジョン・F・ケネディ氏が大統領選で当選したことで、政治はさらにハリウッド映画に近づいた。

次ページそしてソーシャルメディアが加わった
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。