「女性は女性を支持する」という安易な幻想

なぜヒラリーは女性に選ばれなかったのか

米大統領選でヒラリー・クリントン候補は女性の広い支持を得られなかった。ニューヨークで11月9日撮影(ロイター/Carlos Barria)

11月の米大統領選挙を受け、女性の投票に対する陳腐な見方は改められるべきだ。2大政党で初の女性候補となったヒラリー・クリントン氏への女性の支持率はわずか54%にすぎなかったからだ。

ジェンダー(男女の区別)は米国人にとって重要な指標ではあるが、投票を予測する最良の指標ではない。要するに女性候補者が女性票を集めるとは限らないのだ。

米シンクタンクのピュー研究所によると、ジミー・カーター氏とジェラルド・フォード氏が争った1976年まで、大統領選では男女間の投票行動に差は見られなかった。

だが、2000年の選挙ではジョージ・ブッシュ氏に対する男性の支持率が女性を11%ポイント上回った。2008年選挙ではオバマ氏に対する女性の支持率が男性より13%ポイント高く、2012年選挙でも同様にオバマ氏への女性票が男性票を11%ポイント上回った。

「性別」は人種や民族ほどポイントにならず

今年の選挙では女性のクリントン氏への支持率は男性を12%ポイント上回り、男性のトランプ支持率は女性を同程度上回った。しかし、こうした男女の支持率の差は、人種や民族による隔たりほどではなかった。

今回、白人のトランプ支持率はほかの人種を21%ポイント上回った一方、クリントン支持率はヒスパニック系で36%ポイント、アフリカ系では80%ポイントほど、トランプ氏を上回った。

教育水準による支持率を見れば、その差は1980年の選挙以来、最大となっている。大学教育を受けた有権者のクリントン支持率はトランプ氏を9%ポイント上回った一方、学位を持たない有権者の支持率はトランプ氏が8%ポイント高かった。

ニューヨーク・タイムズ紙の出口調査によれば、年間所得5万ドル未満の有権者のクリントン支持率はトランプ氏に約10%ポイントの差をつけており、所得がそれ以上の有権者の支持率は両氏でほぼ半々だった。

次ページ女性の「敏感さ」もヒラリーに不利だった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT