「女性は女性を支持する」という安易な幻想

なぜヒラリーは女性に選ばれなかったのか

米大統領選でヒラリー・クリントン候補は女性の広い支持を得られなかった。ニューヨークで11月9日撮影(ロイター/Carlos Barria)

11月の米大統領選挙を受け、女性の投票に対する陳腐な見方は改められるべきだ。2大政党で初の女性候補となったヒラリー・クリントン氏への女性の支持率はわずか54%にすぎなかったからだ。

ジェンダー(男女の区別)は米国人にとって重要な指標ではあるが、投票を予測する最良の指標ではない。要するに女性候補者が女性票を集めるとは限らないのだ。

米シンクタンクのピュー研究所によると、ジミー・カーター氏とジェラルド・フォード氏が争った1976年まで、大統領選では男女間の投票行動に差は見られなかった。

だが、2000年の選挙ではジョージ・ブッシュ氏に対する男性の支持率が女性を11%ポイント上回った。2008年選挙ではオバマ氏に対する女性の支持率が男性より13%ポイント高く、2012年選挙でも同様にオバマ氏への女性票が男性票を11%ポイント上回った。

「性別」は人種や民族ほどポイントにならず

今年の選挙では女性のクリントン氏への支持率は男性を12%ポイント上回り、男性のトランプ支持率は女性を同程度上回った。しかし、こうした男女の支持率の差は、人種や民族による隔たりほどではなかった。

今回、白人のトランプ支持率はほかの人種を21%ポイント上回った一方、クリントン支持率はヒスパニック系で36%ポイント、アフリカ系では80%ポイントほど、トランプ氏を上回った。

教育水準による支持率を見れば、その差は1980年の選挙以来、最大となっている。大学教育を受けた有権者のクリントン支持率はトランプ氏を9%ポイント上回った一方、学位を持たない有権者の支持率はトランプ氏が8%ポイント高かった。

ニューヨーク・タイムズ紙の出口調査によれば、年間所得5万ドル未満の有権者のクリントン支持率はトランプ氏に約10%ポイントの差をつけており、所得がそれ以上の有権者の支持率は両氏でほぼ半々だった。

次ページ女性の「敏感さ」もヒラリーに不利だった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT