佐賀の祐徳稲荷、ロケ誘致効果でタイ人急増

宮司自らタイ語を勉強、おみくじも多言語で

観光庁の統計によると、タイ人観光客の佐賀県内への宿泊者数は2013年に延べ370人だったが、14年は1540人、15年は4590人と急増し、高い伸び率を見せている。

英語やタイ語などに対応の「多言語おみくじ」も

神社は、海外客のおもてなしに力を入れる。おみくじは、できるだけ母国語で読んでもらえるように、英語やタイ語など6カ国・地域の言葉に翻訳した国際版がある。有明海を眺望できる奥の院の社は塗り替え、くつろいで過ごせるようにベンチ数を増やした。

地域も刺激を受けている。隣接する門前商店街の店舗は、ドラマ「きもの秘伝」の人気にあやかり、観光客向けに着物の着付けや写真撮影のサービスを始めた。まだ多くはないが、タイをはじめ、中国や台湾の観光客の利用があるという。

勝負事にご利益があるという「勝守」。巫女(みこ)さんの顔ほどもある大きいサイズもある

「着物を着て、抹茶などの日本の伝統文化を体験するイベントも企画できたら」。スタッフの賀村智恵さん(52)はこう話し、さらなる誘客への期待を膨らませている。

お守りの種類が豊富な祐徳稲荷神社には、スポーツなど勝負事に御利益があるという「勝守」がある。約30年前に誕生し、通常サイズ(1個800円)に加え、チームや団体で共有できる巨大な勝守(5000円)がある。

巨大な勝守は長さ約25センチ、横約16センチ。鍋島朝寿権宮司は「お守りが大きいと、勝利への意識も大きくなってくる。スポーツも仕事も勝負は1回きりじゃない。日常から自身を鼓舞し、心の支えとして使ってもらえたら」と話している。

佐賀新聞LIVEの関連記事
タイドラマが県内ロケ、山口知事も急きょ出演
おみくじにタイ語追加し5言語対応 祐徳稲荷神社
「佐賀へ行きタイ」 タイ人客が激増
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT