佐賀の祐徳稲荷、ロケ誘致効果でタイ人急増

宮司自らタイ語を勉強、おみくじも多言語で

境内には、和装で散策を楽しむタイ人の姿もある。タイ語を学んでいる鍋島朝寿権宮司(中央)がもてなす=鹿島市の祐徳稲荷神社

タイの映画やドラマのヒットと相まって観光客が急増

当記事は佐賀新聞LIVEの提供記事です

海外から日本を訪れる観光客が増え、地方で余暇を過ごす姿も目立ってきた。佐賀新聞社とデーリー東北新聞社(青森県八戸市)、山陰中央新報社(島根県松江市)の友好3紙による新春恒例の合同企画は今年、「インバウンド」をテーマに、訪日客を引き寄せようと熱を帯びる3県での動きを追った。

神社の境内で、「ほほ笑みの国」からの観光客が歓談していた。「サワディカップ(こんにちは)」。日本三大稲荷の1つに数えられる鹿島市の祐徳稲荷神社では近年、タイ人の姿が目立つようになった。「人数は日々異なるけれど、全く訪れない日はないですね」。鍋島朝寿権宮司(49)は、観光スポットとしての定着ぶりを喜ぶ。

神社には高さ18メートルの本殿があり、年間約300万人が訪れ、中国など東アジアからの観光客も多い。県フィルムコミッションがタイ映画やドラマのロケ誘致に取り組み、映画「タイムライン」(2014年)やドラマ「きもの秘伝」(15年)のロケ地になると、ヒットと相まってタイ人が急増した。境内に飾られた絵馬の願いがほとんどタイ語になった時期もあった。

リピーターもいる。パチャラパさん(39)は12月、2度目の観光を楽しんだ。「佐賀の中でも、タイ人に最も受けているのはドラマの舞台になったこの神社。前回はツツジが咲く4月に来たけれど、季節が違うと見どころも変わる」

次ページ海外客のおもてなしに力を入れる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT