京都で開業ラッシュ、「高級ホテル戦争」勃発

街を挙げて「違法民泊」には徹底抗戦

京都の東山に開業したフォーシーズンスホテル。1泊12.6万円から(12月6日時点の26日の最安値価格)

11月29日、「フォーシーズンズホテル京都」で開業を記念したセレモニーが開かれた。

祝いの場に駆け付けた門川大作・京都市長は不動産とホテルを所有するマレーシアのベルジャヤ・コーポレーションの創業者ヴィンセント・タン氏に対して「質の高いホテルを(もう一つ)頼みます」と言い、大勢の招待客の前で「違法な民泊には毅然と対応していく」と宣言した。

今、京都がホテルの開業ラッシュに沸いている。訪日外国人観光客の増加を背景に、年間観光客数は5000万人を突破。米旅行雑誌『トラベル+レジャー』で2014年、2015年と2年連続で世界で最も魅力的な都市に選ばれたことも追い風となっている。

外資系高級ホテルが次々開業

フォーシーズンズが、日本で直接運営するのは2002年に開業した東京・丸の内に続き、2軒目となる。ベルジャヤが土地・建物を所有し、フォーシーズンズが運営を担当する。祇園や清水寺などがある東山区にあり、2万平方メートルの敷地には123の客室と区分所有販売型のホテルレジデンス57室のほか、12世紀に造園された積翠園(しゃくすいえん)を備える。

総支配人のアレックス・ポーティアス氏は「京都は歴史、文化を持ちながら、現代感覚にあふれ、食のレベルも高い。世界で誰もが行きたい街だ。ホテルが不足しているため、勝算はある」と語る。

次ページ国内外のホテルが殺到
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT