なぜか「すごい!」と言われる人の話し方

正しいかどうかでは、人の心はつかめない

原稿は、持っているとどうしても読みたくなりますから、原稿は「持ち込み不可」と自分に言い聞かせてください。本番では、最低限の内容を記したメモだけを持ち込んで話します。

プレゼンは、たとえ上司から押しつけられたものであっても、内容にそれなりに思い入れがなければ相手には響きません。「メモだけじゃ情報が足りなくて、うまく話せない」と思うようなら、思い入れ、準備が足りないのです。

トランプ氏のスピーチが響いた理由

では、トランプ氏のスピーチはどうでしょうか?

・簡単な言葉で、一文を短く話す

彼ほど簡単な言葉を使った大統領候補者もいないのかもしれませんね。基礎単語のオンパレードで、誰が聞いてもわかる、単純な構造の文が非常に多い。これは英語の「会話体」の特徴の1つです。

・文法的に間違っているからこその会話体

クリントン氏とトランプ氏のスピーチの違いは「書き言葉」と「話し言葉」の違いだ、とよく言われます。

クリントン氏は、書き言葉をそのまま口にしたような英語を話します。くだけた表現は使わず、文法的にも完璧な文章です。

皆さんもかつて英語の授業で、3つのものを羅列するときは「A , B and C」というように、最後の「C」にあたる部分の前に必ず and を入れる、と教わったと思います。でも、話しているときに最後の and を抜かすネイティブはけっこういます。羅列しているうちにどれがいくつ目なのか、わからなくなってしまうのですね。ところがクリントン氏は、どんなにたくさんの複雑なものを羅列しても、最後のandは抜かさない。

つねに文法的に100%正しく話すというのは「離れ業」です。でも、正しいからこそ、少々嫌味な感じに響くこともあり得ます。

一方のトランプ氏は、文法の間違いだらけ。選挙戦のときは、ツイッターでトランプ氏の「文法間違い」がよく話題になりました。しかし、この文法的な間違いこそ、「会話体」の大事な要素なのです。

会話をしているとき、人はあまり文法を意識しません。文が完結していなかったり、あるべき言葉が抜けていたり、たとえば日本語なら、「めったにない」とすべきところを「めったにある」などと言ってしまったりします。自分の会話を密かに録音して文字に起こしてみると、いかに文法的に「間違った」話し方をしているか、気づくと思います。

トランプ氏のスピーチは、まさに会話体です。「A , B and C」のandだけでなく、theが抜ける、動詞が抜ける、文が途中で終わる、はお手の物。まさに完璧とも言える会話体です。そのような彼のスピーチを聞いた有権者が「この人は、自分たちと同じ」と感じたとしても不思議ではありません。

次ページ人の感情に訴える言葉を多用していた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。