なぜか「すごい!」と言われる人の話し方

正しいかどうかでは、人の心はつかめない

・感情の言葉を使う

ここでもヒラリー氏とトランプ氏の違いが出ています。たとえば、ヒラリー氏が「those who will do harm」(害を及ぼすであろう人々)などと客観的な言葉を使うのに対し、トランプ氏は、「bad people」(悪い人たち)と、自分の価値観を前面に出した言葉を使います。

トランプ氏は普通、「雇用が悪化する」「仕事が失われる」などと言うところを、「仕事が盗まれる」と言いますし、「unbelievable」などの、あいまいで大げさな表現も好んで使います(これも会話体の特徴)。ヒラリー氏が客観的な言葉を使うのに対し、聞いている人の感情に訴える言葉を多用する。これも、彼の戦略だったのかもしれません。

『アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

・ジェスチャー

『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』(日経BP社)などの著書もあるカーマイン・ガロ氏は、Talk Like TED(『TED 驚異のプレゼン』として日経BP社から邦訳あり)の中で「パワー・スフィア」(power sphere)という空間を提唱しています。

パワー・スフィアとは、話し手の目からへそまでの空間のことをいうのですが、手の動きをこのパワー・スフィア内におさめると、リーダーとして自信があるように見えるのだそうです。

トランプ氏は、2本の指を上下に動かす独特のジェスチャーで話しましたが、この手の動きは、まさにパワー・スフィアにおさまっています。

実は教科書どおりの伝え方

内容はともかく、トランプ氏は、聞いている人との溝を埋め、相手の心に訴えるような伝え方をしていたと言えます。

そして、トランプ氏の伝え方、言葉の使い方やジェスチャーは、実は米国のパブリック・スピーキングの教科書に書いてある「基本」に通じる伝え方でもあります(倫理的な問題などの点に関しては教科書からは程遠いのですが)。

たかが伝え方、されど伝え方。そのコツを知っておいて損はないと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
貨幣になれなかった<br>ビットコインの必然

投機対象になってしまったビットコイン(仮想通貨)。だがその初志は、自由放任主義にせよ、共同体の中で純粋な貨幣を目指すものであった。『貨幣論』の著者岩井克人氏が、ビットコインをめぐる熱狂とバブル崩壊、貨幣の本質を語る。