日経平均株価は2日ぶり反落

過熱感への警戒が響く

10日の東京株式市場は2日ぶりの反落となった。日経平均株価は、前日の欧米株高を受け前引けこそ前日終値比17円高となっていたが、大引けでは前日比56円30銭安の1万4416円60銭に終わった。TOPIXも前日比1.69ポイント安の1195.20。大引け段階における東証1部概算出来高は27億8293万株、売買代金は2兆2886億円だった。

前日のNYダウ工業30種は前日比75ドル高の1万5300ドル、ナスダック総合も19ポイント高い3504と、ともに4日続伸となった。

朝方の寄り付き前の外資系証券会社経由の注文動向では売り1580万株、買い1930万株で差し引き350万株の買い越し。11営業日連続で若干ながらも買い越しだった。

一時5月29日以来の1万4500円台

これを受けて、日経平均株価は8円安で寄り付いたものの、アジア株式市場のスタートが総じてしっかりしていたこともあり、10時41分には82円高の1万4555円と、ザラバでは5月29日以来となる1万4500円を突破。その後、アジア市場の値動きにも左右され、17円高で午前の取引を終えた。

午後になると状況が暗転した。まずはバスケット取引の勢いが減じた。昼休みの立ち会い外取り引きによるバスケット取引は316億4800万円の成立ながら「売り買い均衡」と伝えられるように減速した。後場寄りは12円高でスタート。12時46分には48円高と再び1万4500円台を回復したが、崩れて14時38分には185円安となる1万4287円まであった。その後買い戻され、56円安で本日の取引を終えた。

次ページ22業種が値下がり
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT