日経平均株価は2日ぶり反落

過熱感への警戒が響く

円高に傾いたことを嫌気

「午後になって対ユーロと対ドルとの両方で円高に傾いたことで売り物が出るようになった。売り仕掛けではないか、との声もあった。ただ、やはり昨日の東京株式市場の上昇で過熱感は充満し、利益確定売りが出やすい状況であったことから、結局は下がってしまった」というのが市場関係者の見立てである。

「主力株が軒並み下げる中、手掛かりとして目立ったのは3Dプリンタ関連銘柄だった」というのが市場の声だ。具体的には、業務用大型プリンタを手掛けるローランド ディー.ジー.や、業務用大判プリンタ最大手であるMUTOHホールディングス。ラピッドプロトタイプ法(粉末積層造形法)によってCADデータから直接的に射出成形用試作型を製作するのに適した素材(自社開発品の真球状カーボンと特殊ナイロンとの複合素材「CB50」)を開発した群栄化学工業などである。

結果として東証1部上場銘柄のうちでは、値上がり数は40.4%相当の693銘柄、値下がり数は51.3%相当の880銘柄、変わらずは142銘柄だった。また業種別では、東証33業種分類のうち、ゴム製品など11業種が値上がり、非鉄金属、不動産、その他金融など22業種が値下がりとなった。

今後は「週末のオプション取引の特別清算指数算出日を控えての動向が注目点」とされている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。