「柿の種」までも!グルテンフリーが熱いワケ

日本の大手食品メーカーが見出した勝機

亀田製菓が米国で製造・販売するグルテンフリーの柿の種(写真:亀田製菓)

プロテニス選手、ノバク・ジョコビッチ氏の書籍などをきっかけに、"グルテンフリー"が話題だ。欧米を中心に、そのビジネスは想像以上に広がっている。

グルテンフリー食品は、小麦などの穀物から生成されるグルテンをほとんど、あるいは完全に含まないものを指す。小麦アレルギーや、セリアック病などのグルテン関連疾患を持つ人々のために生まれたが、欧米でセレブが愛用していると伝わり、一大ブームとなった。

米国のグルテンフリー食品市場は1兆円以上

調査会社ミンテルによると、2015年の米国におけるグルテンフリー食品の市場規模は1兆円以上に達している。日本の大手食品メーカーは、この巨大市場に勝機を見出した。

おいしそうなラーメンだが、麺は小麦ではなく米粉で作られている(写真:新横浜ラーメン博物館)

米菓国内最大手の亀田製菓は、グルテンフリーの「亀田の柿の種」を2013年から米国で製造・販売している。米菓の味付けに用いるしょうゆから小麦由来の原料を取り除くことで、グルテンフリーを実現した。子会社や関連会社でもグルテンフリーのクラッカーなどを販売する。

しょうゆ国内最大手のキッコーマンも、小麦を使用しないしょうゆとソースを北米や欧州などで製造・販売。米国で豆腐事業を手掛けるハウス食品グループ本社は、しらたきに豆腐を加えた「Tofu Shirataki」をグルテンフリー食品として展開する。

次ページラーメン、ビール、懐石料理まで
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
50歳からの<br> お金の教科書

リタイアも見えてきた50歳。老後は1億円必要といわれ、不安なのはお金だが、どう向き合えばよいのか。高齢期は低リスクが第一。各種保険や仕組み債のリスクも盛り込み、人生100年時代の「正しい資産運用術」を個別具体的に指南。