私たちの給料は、なぜこの額に決まったのか

納得いかないので東大名誉教授に聞いてみた

自分の基本給がどう決まっているか知っていますか?(写真 :xiangtao / PIXTA)
12月はボーナス支給の月。増えた人、減った人、悲喜こもごもだと思います。でも、サラリーマン生活を10年以上続けている人でも、ボーナスのもとになる「基本給がどう決まっているか」知らない人も多いのではないでしょうか?――実は、すべての基盤には「経済学」の考え方があったのです。東京大学名誉教授の井堀利宏氏(最新刊に『大学4年間の経済学がマンガでざっと学べる』がある)にイラストレーターのカツヤマケイコさんが聞きました。

給料を「経済学」的に考えてみると……?

「給料を上げたい」。

これはすべてのサラリーマンの、共通の願いでしょう。でも、どうしたら給料が増えるのか、そもそも給料がどのように決まっているのかを知っている人は、少ないのではないでしょうか。実は「ミクロ経済学」を知っていると、そのメカニズムがわかるのです。

ミクロ経済学は簡単にいうと、世の中のすべての経済活動について、「価格はどのような仕組みで決まっていくのか」を解明する学問です。そして価格とは、需要と供給のバランスによって決まります。

これを表現したグラフが、経済学でよく見る「需要供給曲線」です。

実は私たちの給料(賃金)は、企業の生産要素のひとつである「労働の価格」なので、モノの値段と同様、この需要曲線の応用で説明ができます。

『大学4年間の経済学がマンガでざっと学べる』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

すべての企業の目的は、利潤の追求です。そのために企業は「生産要素」と呼ばれる「労働(例:私たちの日々の仕事)」「土地(例:家賃)」「資本(例:設備)」を投入して、モノやサービスを作り、利益をあげています。経済学的に見ると、私たちサラリーマンの日々の仕事は、企業が利益を得るための、ひとつの要素なのです。

賃金とは、私たちが企業に対して「労働」という生産要素を供給した対価です。当然、企業は、支払った賃金(=労働に投入した費用)から最大のメリットを得たいと考えます。そこで、企業は、労働を追加することで増加する費用よりも、追加した労働によって得られる金額(生産価値)のほうが高い限り、労働に費用を投じ続けます。単純に言えば、時給1000円で雇った人が1時間で2000円分の商品を作ってくれるなら、企業にとってその人を雇うメリットはあります。そして、「この調子なら、もっと人を雇って売り上げを伸ばそう!」と考えるわけです。

次ページマンガで解説!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT