カツヤマケイコ(かつやまけいこ)
イラストレーター

百貨店のデザイン職に就いた後、イラストレイターに。絶賛3児を子育て中。
難しいことは極力避けて生きてきたため、経済、政治に関する知識は中学生レベル。若いうちはヘラヘラと誤摩化してきたが気づけば40歳をすぎて「お金や生活に関係が深い経済学を学び直したい!」と経済学マンガの執筆を決意。
子育てエッセイマンガ『ごんたイズム』シリーズ(双葉社)、『まるごとわかる保育園』(自由国民社)『女2人の東京ワイルド酒場ツアー★』(KADOKAWA)などの著書がある。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT