日本人は「人口急減の恐怖」を直視するべきだ

高齢者と若者の溝は、ますます深まっていく

木本:厳しい話ですね。若者たちの意見は結果として反映されない、と。

森田:高齢者が生活するための原資は若い人にまかなってもらう、ということになるでしょう。これは、民主主義のルールでやっているかぎり簡単には解決しない問題です。

まずは「今は一時的な右肩下がり。また上がるんじゃないか」という発想を捨てないといけません。失われた10年とよく言いますが、この言い方だと失ったものを取り戻せるように思うでしょうが、取り戻すことはできません。したがって、新しい局面におけるベストの解は何なのか、という未来を向いた発想をしなければダメです。

木本:日本はなんでこんな大変なことになってしまったのでしょうか。

森田:これは日本だけの問題ではありません。世界中で起こっている問題です。

アジア各国が急速に高齢化する

木本:高齢化に迅速に対応できている国はあるんですか。

森田:ヨーロッパは「人口ボーナス」が比較的緩やかなものだったため、対応する余裕がありました。しかし、それが社会保障政策などの政策的努力の産物かどうかはわかりません。でも、日本をはじめとするアジアの場合は人口ボーナスが大きかっただけにインパクトが大きいのです。

木本:お手本にできる国がないなら、独自で道を見つけるしかないですね。

森田:2040年以降、日本の場合には高齢化率が40%に近づきます。100人のうち36人が65歳以上になりますが、そんな国は歴史上存在しません。どうするかを自分たちで考えていかざるを得ない。

次ページ火葬場問題とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT