日本人は「人口急減の恐怖」を直視するべきだ

高齢者と若者の溝は、ますます深まっていく

ブラックユーモアですが…(画:K‐chan/AbemaPrime)

森田:人口減といっても、実は都市部の高齢者が爆発的に増えます。首都圏では75歳以上の人口が今後30年で2倍以上に増える。こうした高齢者は職場が東京にある「千葉都民」、「埼玉都民」の方も多く、地域のコミュニティに根ざしていない。リタイアしても身近に親しい人がいない。そんな人も、いずれは医療介護を受けるようになります。介護者が絶対的に不足する中で、どうやってケアするのか。これが大きな課題になります。

単身者も多いので、団地などでは孤独死がかなり出るでしょう。それは覚悟しなければならない。

木本:ちょっとブラックユーモアですが、交番に「昨日の孤独死は何人」という看板ができてもおかしくありませんね。

森田:その前段階で心配しなければいけないのが認知症です。首都圏で65歳以上の老人が400万以上増えるわけです。その中で認知症になる人が10%だとして40万人。そのうち10%の人が車を運転するとしたら、大変な問題が起きる可能性がある。

新たなシニアサービスはアジア展開も可能

木本:今でも、高齢者の起こす死傷事故が増えているように感じます。孤独死だけでなく交通事故死も増えることになれば、交番の看板は大変なことになるかもしれませんね。

一方では、新しいビジネスにも期待できるように思います。メーカーもシニア家電の開発には力を入れています。シニア世代のあらゆるところがお金儲けのターゲットになれば、みんな食いつくかもしれません。

森田:おっしゃるとおり。産業としては成り立ちます。ただその製品を買うだけの余裕がある高齢者がどれだけいるのか。年金生活者は、年金そのものが減って苦しくなりますから。よほど安くて便利でなくては、簡単には普及しないように思います。

次ページシニア向け製品がどんどん増えていく
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT