「草食系男子の増加」という大いなる勘違い

実はバブル世代でも7割に彼女はいなかった

今から30年前、1986年の新聞にこんな記事がありました。今は50代を超えている「新人類世代」の新入社員に対する、当時の上司の愚痴のようです。

「残業を命じれば断るし、週休二日制は断固守ろうとする。だから、仕事は金曜の夕方までにわれわれ上司が手を貸して片づけさせるしかないんです」(保険会社課長)

「社費留学で海外にやると、帰国したとたん会社をやめてしまうんで、期間を短くしたり、帰国後にノルマを課したりしています」(商社部長)

どうでしょう?とても30年前の記事とは思えないのではないでしょうか。そのまま今の新入社員に対しても同じことが当てはまるような内容です。「最近の若いモンは…」と言っている50代の上司も、彼らが若い時はこんな感じだったわけです。

さらにさかのぼって、今から300年前、江戸時代中期の書物で、「武士道と云うは、死ぬ事と見つけたり」で有名な「葉隠」にも、以下のような記述があります。

「昨今の若者(武士)は、すべてにわたって消極的で、思い切ったことをしない」

「最近の男は、口先の達者さだけで物事を処理し、骨の折れそうなことは避けて通るようになってしまった」

江戸時代でさえも、変わらなかったようです。

「イマドキの若者論」の限界

時代背景や環境、テクノロジーの進歩により、時代によって意識や行動が変化することは当然のことです。決して、世代論そのものは否定しません。ですが、いつまでも世代論に固執して、「イマドキの若者はこうだよね」と無理やりカテゴライズしようとすると、大事なことを見落としてしまう恐れもあります。

確認しようがないのをいいことに、「俺の若い頃はこうだった」という武勇伝を語りたい気持ちはわかりますが、世代によって違いがあるのではなく、基本的には年齢に応じて大体同じ道を通るものなのです。

むしろ、大きく差が出るのは、既婚なのか独身なのかという点。同い年であっても、結婚して子どもを持った男と、ずっと独身を謳歌しているソロ男とでは、価値観も行動意識も根本的に違いますし、お金の使い方も異なります。

生涯未婚率が上がる前と恋愛比率は変わらないのに、どうしてこれほどまでに未婚化が進行したのか。むしろそちらの方を検証していくべきだと思います。それについては、また次回。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT