「草食系男子の増加」という大いなる勘違い

実はバブル世代でも7割に彼女はいなかった

したがって、女性に告白した際に「友達でいましょうね」と返されたら、それは大方のケースでフラれたということです。百歩譲って「異性の友人も交際相手である」という説に同意するとしても、それはせいぜい10代、それも中学生くらいまでの話ではないかと思います。そもそも、いつまでも「異性の友人」のままで、ちっとも「異性の恋人」に発展しないなら、それこそまさに“草食系”ではないかと思います。

もう1度問います。交際とは何でしょうか?交際とは、彼氏・彼女という「恋人がいる」ということです。だとすれば、「異性の恋人(婚約者含む)がいる」という項目にこそ着目すべきです。

「出生動向基本調査」のデータに基づき、経年推移で検証してみたいと思います。

 

これによれば、1982年から2015年にかけて「異性の恋人(婚約者含む)がいる」という男性は、

22%(1982年)→22%(1987年)→26%(1992年)→26%(1997年)→25%(2002年)→27%(2005年)→25%(2010年)→21%(2015年)

と、途中でむしろ一旦上昇し、現在は1982年時点の水準に落ち着いたに過ぎないことがわかります。大きな流れでみれば、ほぼ変わらないと言ってもいいでしょう。

女性も同様です。上下幅は男性よりも激しいようですが、ほぼ変化はありません。むしろ、2002年に最高値の37%となり、2015年は30%と、1982年の24%よりずっと高くなっています。

彼女がいる割合は、いつの時代も3割程度

つまり、「(彼氏・彼女などの)交際相手がいる率」というのは、長期的な視点で見れば、いつの時代もほぼ30%前後で変わらないと断言できます。例えば、学校のクラスに20人の男子がいたとして、その中で彼女がいる人はせいぜい6人程度ということ。そう言われてみれば、確かにそんなものだったと感じるのではないでしょうか。

男たちは(女もそうですが)、恋愛をしなくなったのでも、できなくなったのでもありません。草食、絶食、と指摘する50代の大人達と大して違いはなかったのです。いつの時代でも、7割の男には彼女なんていなかったのです。

次ページ実は最も草食だった世代とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT