AirbnbツアーサービスをLAで体験してみた

「民泊+ユニーク」が映した風景

Airbnbの「トリップ」で案内されたロサンゼルスは、いつもと違う風景だった。チャイナタウンの一角に集う若いシェフたちが、新しい味とビジネスを興そうと“フード・インキュベーション”を始めていたのだ。

Airbnbというと「民泊」、自宅の空き部屋を貸すホームシェアリングサービスの会社だ。そのAirbnbが宿泊に加えて、そこでしかできないユニークな体験を提供するツアーサービス「トリップ」を始めた。

今回、筆者はトリップのダイジェスト版を体験した。場所はロサンゼルス、テーマは地元のフードライターによる隠れた名料理の紹介だ。

チャイナタウンでベトナム料理

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ロサンゼルスにあるチャイナタウンの一角。「住所はここであってるけど……」と運転手に言われ、疑心のままUberを降りる。レストランや小さな商店が立ち並ぶモール「ファー・イースト・プラザ」の門をくぐり、中を進むと「ユニット120」と書かれた入り口があった。事前に送られてきたメールをスマートフォンで確認する──間違いない、そこが待ち合わせの場所だ。

11月中旬に開催された「Airbnb Open 2016」には、たくさんの著名人が出席。レディー・ガガのパフォーマンスが話題を呼んだ。セレブリティのスピーチは後日掲載予定。(Photo: AP / AFLO)

ユニット120をかろうじてレストランだと認識できたのは、テーブルの上にお皿がセットされていたからだ。店に入ると、このトリップのホストであるヒラリーがスパークリングワインを手にしたソムリエのアンソニーとともに出迎えてくれた。勧められるままにグラスを受け取ると、ヒラリーからバナナのかぶりものを着たグエンを紹介された。ベトナム系のグエンは近くでスターリー・キッチンというレストランを経営するシェフ。4日かけて仕込むという人気メニュー「豆腐ボール」を振る舞って筆者をもてなしてくれた。

次ページヒラリーのプランはどのような内容か
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT