家が散らかる人がやっている「ダメな習慣」

「とりあえず置く」から始まる悪のスパイラル

大量の「使わないモノ」は、大事なモノ・必要なモノを埋もれさせる原因にもなります。

多くのDMメールや迷惑メールに埋もれていたせいで、大事なメールを見逃した!」「今必要!な書類が見つからない」といった生活はストレスになります。

「もったいない」にとらわれすぎてはいけません。モノは「使う・使わない」で分けましょう。そして、「使わないモノ」は捨てましょう。

捨てるのに抵抗があるなら、友達にあげたりリサイクルショップに持っていったりして、捨てずに「減らす」ようにすればいいのです。

英語で例えるなら「Can(~できる)」ではなく、「Will(~する)」で、そのモノを残すかどうかの判断を下しましょう。「使う!」という自らの「意思」でモノを分ければ、不要なものが減り、もっと片づくはずです。

気軽に「置いて」はいけない

これもよくありがちなのですが、多くの人はあらゆるモノを「置いて」しまいます。

まるで呼吸するように、デスクに床に玄関の靴箱のうえに、テーブルに……「無意識にモノを置いてしまう」のです。

ここを止めなければなりません。何気なくモノを置いてしまうと、その場所にモノがあふれる原因に必ずなります。そして、

「この場所には、モノを置いてもいいんだ」

という「置いてOKサイン」が知らずのうちに出てしまうのです。こうなると、なし崩し的に散らかることにつながりかねません。

「置くことが発端となって散らかる」ことを防ぐには、モノを置く前に意識をして、そのモノが着地する前に

「① もともとあった場所(そのモノの住所)にしまう」
「② (まだ住所がないなら)住所を決める」
「③ 捨てる」

のいずれかの行動を取る必要があります。

私はこれを、「空中戦で処理する」と言っています。

一度置いてしまうとやっかいな「地上戦」になる前に、その前段階、空中戦の時点で終わらせてしまうのです。

できれば、使っているすべてのモノに置き場所、つまり「住所」を決め、「モノを住所と違うところに置かない」と決めるといいでしょう。

たとえば「カギ」などすぐに手から離れてしまうモノは特に、「玄関の靴箱の上の小皿」「玄関のフックにかける」など住所をしっかりと決めて、他の場所に置かないようにします。

置く時にチャリンと鳴る小皿などでしたら、さらにその行動が習慣化しやすくなります。音が意識させてくれるからです。

次ページ「2割のゆとり」の法則
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT