インフルエンザ予防接種は、無意味ではない

接種しないと「2.5倍」リスクが高まる

1979年シーズンに前橋市の医師会が中心となって、インフルエンザワクチンの予防接種の効果を調査したのがこの前橋レポートである。結果としてワクチンを接種したグループと接種しないグループで大きな差が認められなかった。そのためにインフルエンザワクチンは効果がない、と判断する医療関係者が出てきた次第である。

しかし、現時点ではこの前橋レポートの研究内容に多くの疑問が呈されている。まず当時はインフルエンザに感染したことを科学的に証明する方法が存在しなかった。現在では医療機関で実際にインフルエンザに感染したことを判断する検査キットが普及しているが、当時は医師が臨床症状からインフルエンザ感染の診断を下していた。また、ノロウイルスによる感染症と考えられる症例もインフルエンザに組み込まれた可能性が否定できない。さらに、単なる風邪で学校を休んだ症例もインフルエンザ感染と判断されている可能性も、大いに考慮に入れなければならない。

当時の医学レベルでは、仕方のなかったことと考えることもできる。しかし、この前橋レポートでさえ、医療統計学的な手法でワクチン接種は有効であると証明することも可能である。

1984年に予防接種を受けてインフルエンザに感染したと判断された症例は38.3%、1985年は18.6%、一方、予防接種を受けないで感染した症例は1984年で53.9%、1985年で30.9%。このデータからは予防接種を受けたグループのほうが明らかに感染(現在の確定診断とは誤差がある可能性もあるが)した症例が少ないことが理解できる。この事実をワクチンの効果に疑問を持つ人にはぜひ知ってもらいたいと筆者は考える。

ワクチンの「有効性」という特殊な考え方

何々を食べると高血圧で死亡するリスクが増える、何々を食べると乳がんになるリスクが高まる――などの記事がメディアをにぎわせている。何々がきっかけでこんな病気になる、とのデータは比較的一般の人にわかりやすい数字である。

しかし、インフルエンザワクチンの有効率は60%、と言われたら多くの人(医師もいることは嘆かわしいが)は、100人がワクチン接種を受けると60人がインフルエンザに感染しないと判断するであろう。この考え方は医療統計学としては間違いである。医療統計学ではワクチンを接種した100人と接種しなかった100人のグループを2つ作った場合、接種したほうはインフルエンザに10人感染、接種しなかったほうは25人感染したと仮定しよう。その場合、25人-10人=15人、15人÷25人=60%との数字が導かれ、これを有効率と呼んでいる。感染症にかからない有効率という統計学手法を知らないためにインフルエンザワクチンは効果がない、と考えている人が多く見受けられる。

筆者はこのように患者さんに説明している。

1:インフルエンザワクチンの場合、80%以上の人が受けることにより集団予防接種の意義がある
2:個人単位で考えた場合、インフルエンザワクチンは効果がある
3:予防接種をしたことによって、体質などの問題でワクチン接種ができない人の感染リスクも減少できる
4:インフルエンザワクチンの有効率は統計学的に証明されているが、60%の有効率をわかりやすく説明するために「ワクチン接種をしない人はした人と比較して2.5倍インフルエンザに感染するリスクが高まる」

 

以上が筆者が考えるインフルエンザ予防接種の効果である。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。