「吉牛」の株主優待券でピザを食べて見た!

牛丼以外でも使えるからなかなかおトクだ

【11月9日(水)】午前5時半、日経225先物は、110円高の1万7310円、NYダウは、73ドル高の1万8332ドルと続伸。寄り付きで、昨日下がった藤田観光を318円で1万株買う。日経平均は高く始まったが、米大統領選挙でトランプ氏が優勢になると日経平均は急落し、13時19分39秒、日経225先物12月限を1万6450円でラージ1枚買い、この時はクリントン氏と接戦でクリントン氏の逆転に賭けて買ったが、その後、結果の出ていない州を全部計算しても、クリントン氏は難しいと判断し、10分後の13時29分22秒に1万6500円で売り、4万9136円の利益確定。

日本株暴落でも、ユニマットRCはストップ高!

その後、トランプ氏がさらに獲得議員数を伸ばし、日経平均はさらに下げ、14時9分には、1110円安の1万6090円まで下落し、15時15分、950円安の1万6250円で引けた。日経平均は、919円安の1万6251円と暴落。寄り付きで買った藤田観光は、24円安の295円と大幅安。早くも23万円の含み損。しかし、こんな時でもストップ高している銘柄があった。それは、昨日業績の大幅上方修正を発表したユニマットRC。150円ストップ高の960円と大引け1本値。17時、トランプ氏が勝利確定。

【11月10日(木)】午前5時半、日経225先物は、1000円高の1万7250円と目を疑うような大幅高、NYダウは、256ドル高の1万8589ドルと2カ月半ぶり高値。9時18分、ユニマットRCは、140円高の1100円で寄り付き、すぐに150円連続ストップ高の1110円を付け、保有株を1110円で1000株売り、24万6840円の利益確定。日経平均は、1092円高の1万7344円と大幅高。

【11月11日(金)】NYダウは、218ドル高の1万8807ドルと4日続伸で史上最高値更新。日経平均は、30円高の1万7374円と続伸。

【11月12日(土)】午前5時半、日経225先物は、30円高の1万7430円。NYダウは、39ドル高の1万8847ドルと5日続伸。1ドルは106.66円、1ユーロは115.80円。

【11月14日(月)】7~9月GDP、実質2.2%増で3四半期連続プラス。規制緩和期待で銀行株が大幅高。日経平均も297円高の1万7672円と大幅高で3日続伸。

【11月15日(火)】午前5時半、日経225先物は、70円高の1万7730円。NYダウは、21ドル高の1万8868ドル。日経平均は、4円安の1万7668円。

次ページ日本BS放送の株主優待券はおトクだ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT