必要条件「ガリ勉」を満たしたら、次は?

スタンフォードでは、仕組みを作って合理的に褒める(前編)

褒めよう、褒めよう、もっと褒めよう……?

今年度、初めてHonors Thesisの指導教官をやって知ったのだけど、Honors Thesisを書けると決まったこの後も、まだまだ、事あるごとに褒めたり差別したりの特別扱いは続く。

著者撮影:スタンフォードのファカルティ・クラブはこんなところだ

冬にはHonors Lunchと称して、Honors Thesisを書いている学生と指導教官たちが大学のファカルティ・クラブ(教員用レストラン)に集まって、みんなでランチを食べるというイベントがあった。

そして年度末、学生たちがThesisを書き上げたときには、打ち上げということで、割とオシャレなレストランでのHonors Dinner。その席上では、特に良い論文に与えられる賞の受賞者を発表していた(ちなみに卒業式で正式に表彰する)。

日本の大学でも最優秀論文に賞をあげるのは割とよくあるパターンではないかと思う。それが我が校の場合、最優秀だけでなく、ぐっと範囲を広げていくつもの賞を設け、結果を特別なディナーの席で発表しているのだ。

著者(中心)と著者が指導する学生

これには最優秀賞のほかにも「優秀賞」とか「オリジナリティ賞」とか、さらには「プレゼンテーション賞」があって、各2人ずつくらいにあげていた(最後のは卒論発表会での「発表」の仕方が良かった人を表彰するものだ)。

ちなみに自慢ですが、僕の指導していた学生の一人が見事最優秀賞をとりました!

いろいろな賞を受賞できる可能性は、学者になってからも引き続きたくさんある。いちばん有名なのはノーベル賞だろうが、そのほかにも大小さまざまな賞があって、みんなが誰かを、なんとか褒めよう褒めよう褒めちぎろう、と必死なように思う。

さて、ちょっと長くなってしまったので、次は近日中にこの続きから、実際の賞やイベントを例に挙げながらお話ししていきたい。

(後編に続く)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT