買収額上積みで勝利 ソフトバンクの執念

ライバルを振り落としたが、本当の戦いはこれから

人材育成に躍起

勝利の代償は安くない。ディッシュの乱入によって、ソフトバンクはスプリント買収で15億ドルの負担増となった。外部株主への支払いは45億ドル増えた(持ち分の8%増を勘案すれば約20億ドルの負担増との試算も成り立つ)。クリアワイヤの積み増し分約15億ドルも間接的にはソフトバンクが負うことになる。

ただ、買収のタイムスケジュールは大きく狂わせなかった。というのも、ソフトバンクの資金支援が遅れれば、スプリントが計画するLTEのネットワーク構築もずれ込み、上位追撃が不可能になる。「スプリントにとって当面はLTE網の構築が最優先の課題。多少の出費は問題なしとの判断ではないか」(情報通信総合研究所の清水憲人主任研究員)。

6月21日に開かれたソフトバンクの株主総会で、孫社長は「合併によって端末の購買力が上がる。インフラやITのコスト、営業費用の削減を合わせて年間2000億~3000億円のコスト削減が見込める」とあらためて自信を示した。

「ソフトバンクの事業はドメスティックで、意外にも英語を話せる人材が少ない」(ソフトバンク幹部)。今年1月からTOEICで高得点を獲得した社員に最大100万円の報奨金を支給するなど、米国展開に向けた人材育成に躍起となっている。「特に管理職以上の社員は猛烈に尻をたたかれている」(関係者)

2006年に1.8兆円でボーダフォン日本法人を買収し、携帯事業に参入したソフトバンク。高値づかみと揶揄されたが、今や高収益事業となった。スプリント、クリアワイヤを「安い買い物」とすることができるか。孫社長の勝負は続く。

(週刊東洋経済2013年7月6日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT