マッキンゼー友と語る、イタリアの今と未来 イタリアの未来はラグジュアリーブランドにあり

✎ 1〜 ✎ 59 ✎ 60 ✎ 61 ✎ 最新
印刷
A
A

イタリアの現状: ベルスコー二元首相の今

さて、このほかにもマスクを5つも買ってしまい、今、私の部屋はマスクだらけなわけだが、そのマスクの詳細をご説明する前に本コラムの本分に立ち返り、イタリアのグローバルエリートフレンドにイタリアの現状を伺ってみることにしよう。イタリアの最高学府・ボッコーニ大学を出たブルーノ・ゲンコさん(仮名)は、まだマッキンゼーの現職なので仮名で登場していただくことにする。

ムーギー:いやー、ヴェニス楽しいね。なんや景気悪い悪い聞いていたけど、見る限り活気にあふれとるけどな。

ブルーノ:ムーギー、ここは私の生まれ故郷でもあり、イタリアを代表する最もチャーミングな文化都市のひとつだ。世界中から観光客が絶えず、ここに限ってはイタリア全体の平均と懸け離れている。

ムーギー:イタリアといえばわれわれアジアにいる人が驚くのが、あの少女買春の罪を働いたベルスコー二さんがまだ政界にいて復権を図っているとのことだが……。

ブルーノ:彼はイタリアの恥だが、メディア会社を牛耳っているので選挙力や広告力が強い。まともな人は支持していないが、彼は復権というか、まだ議員のままだ。イタリアでは政治家の裁判に3回トライアルがあり、最終結審するまでは収監できない。今、ベルスコーニは全力でこのトライアルのプロセスを遅らせようとしている。というのも彼は多くの罪状があるのだが、時間を遅らせればそのうちのいくつかが時効になるからだ。

次ページ巨額の赤字と、長期金利の上昇
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT