「業績計画を増額した236社」ランキング

早くも「アップルペイ」で利益拡大した会社も

アップルペイのような話題の新商品をきっかけに、自社の業績を飛躍させる会社もある(写真:ロイター/アフロ)

円高や国内消費の低迷などを受けて、企業業績の進捗度合いや通期決算の見通しがどのようになるか、株式市場でも注目が高まっている。

中間決算(2016年4~9月)の発表シーズンにあった3月決算会社を対象に、9月から11月第1週までに行われた会社の発表を集計したところ、2017年3月期の営業利益計画を期初の計画に比べて下方修正(減額)した会社は259社。一方、上方修正(増額)した会社は236社となっている。そこでこの236社について、会社が計画している営業利益の上方修正率(=最新営業利益計画÷期初営業利益計画×100-100)を基準にランキングを作成した。

首位の三井松島産業は利益計画が4倍に

1位の三井松島産業は石炭の輸入販売などを手掛ける。石炭価格が期初想定を上回っていることから上方修正した。ただ、前16年3月期と比較すると依然として大幅な減益だ。

2位のフライトホールディングスは情報システムのコンサルティング会社。大型案件が前倒しで進んだことや、米国アップル社が今秋から日本でも開始した決済システム「アップルペイ」の関連商品の伸びが寄与する。2期連続の営業損失からの急浮上となり、株価も急騰した。

ただ、上方修正となった会社でも、三井松島産業のように修正後の利益水準がまだ前期実績よりも低い会社も多い。それだけに、前期比で大幅な増益となる会社や、増額によって業績の本格回復が確認できた会社は注目を集めそうだ。

次ページまずは1~50位
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。