ゼネコンが空前の好決算ラッシュに沸く理由

「過去最高益」が続出している

虎ノ門の再開発風景。都心では多くの再開発が行われている(撮影:今井康一)

ゼネコン各社の業績拡大が止まらない。2016年3月期は鹿島を除くスーパーゼネコン3社が過去最高益を更新し、さらに上振れる可能性がある。

現在、3月期末に向けて設計変更(工期途中の変更)に伴う追加交渉(工費の上乗せ交渉)が行われており、「現時点は各支社レベルで取引先と交渉しており、本社にあがってくる数字は保守的な見込み。フタをあけて合算したら大幅増額という可能性もある」(大手ゼネコン幹部)という。各社は前期も期末に利益を上乗せし、予想を上回る好決算となったが、今期も空前の好決算となりそうだ。

連続最高益更新が確実な状況に

たとえば、大成建設の期初の営業利益予想は680億円(前期比3.4%減)と減益予想。それが中間期に上方修正し、第3四半期時点では840億円(同19%増)となった。しかし、第3四半期の実績は772億円と、さらなる上方修正は必至だ。通期の900億円台乗せはほぼ確実な状況で、1000億円大台乗せの可能性もある。

清水建設と大林組は前期比60%を超える大幅増益で、営業利益は800億円台予想だが、これも同様に900億円超となりそうだ(右表参照)。大手だけではない。準大手では戸田建設、安藤ハザマ、西松建設、前田建設、東急建設などが期中に上方修正し、連続最高益更新が確実な状況だ。

次ページ都心の再開発需要は大きい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT