QE3縮小のスピードに市場は順応できるか FOMCの「宿題」は、出口戦略の見直し

印刷
A
A

ダウンサイド・リスクも後退した

加えて声明文では経済・雇用見通しに対するダウンサイド・リスクが縮小したとの判断も示された。前回会合ですでに「殆どの参加者が、昨年9月と比べて雇用見通しに進展がみられる」(議事録)としつつも、QE3縮小の方針が定まらなかったのは「さらなる雇用の進展、見通しに対する自信の深まり、ダウンサイド・リスクの後退」を多くの参加者が確かめたいと思ったためだった。前回会合から7週間の間に、これら3つの条件がほぼクリアされ、QE3の縮小パスの提示につながったと考えられる。機は熟したということだ。

ここで今回の発表を整理しておこう。

(1)FOMCは、QE3公表時と比べて雇用見通しに大幅な進展がみられることを示す象徴的な経済指標として「7%の失業率」を掲げた。実際のQE3縮小は他の様々な経済指標を勘案した上で判断され、失業率だけをみてQE3縮小が始まるわけではないが、「7%の失業率」は重要な試金石とみなされている。金利ガイダンスの閾値に相当すると考えればいいだろう。

(2)今回のSEPでは、失業率が閾値に達する時期は昨年9月と比べて大幅に前倒しされている様子がうかがえる。それだけ見通しが改善しており、不透明感がなくなっているということだ。さらにFOMCは今回、経済見通し上のダウンサイド・リスクも縮小しているとの判断を示した。

(3)QE3は時間をかけて縮小・停止する必要がある。閾値達成の時期が来年上期ということは、縮小を始める時期も近づいたと言える。

(4)そこでFOMCは、「自分たちの見通しと整合的な経済指標が続けば、今年後半にもQE3縮小することができ、来年前半の段階的縮小を経て、同年半ばにはQE3を停止することができる」との考え方を示すに至った。

次ページQE3の縮小に踏み切るための4つの注目点
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT