米国銀行の貸出機能に正常化の動き

景気・経済観測(米国)

アップルは過去最大級の起債をした(撮影:吉野 純治)

米国では、今年に入って企業の社債発行が相次いだ。4月末に、アップルが米国における投資適格級の社債発行としては過去最大の規模となる170億ドル(約1兆6500億円)もの起債を行ったことは、読者の記憶にも新しいだろう。

アップルのみならず、マイクロソフトやペプシコといった大企業の社債発行が続いたことで、1~4月の合計社債発行額は、統計開始以来最高額を記録した昨年をさらに1割近く上回っている。

足元では、米連邦準備制度理事会(FRB)が実施している証券買い取りペースが早期に縮小するとの観測が高まる中、相対的にリスクの高いハイイールド債を中心に金利が上昇し、発行を見送る動きも出ている。だが、総じて見れば、資金調達を行う企業にとっては比較的恵まれた環境にあるといえよう。

企業の資金調達環境は大きく改善

こうした資金調達環境の改善は、社債のような直接金融に限った話ではない。銀行借り入れを通じた間接金融面でも、資金調達環境の好転が鮮明となっている。

次ページ中小企業向けの貸出基準が緩和
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT