米国銀行の貸出機能に正常化の動き

景気・経済観測(米国)

あなどれない金融仲介機能の正常化によるインパクト

住宅価格上昇による経済への影響は、一般的に、資産価値の増加による消費意欲の高まりという経路(いわゆる資産効果)から説明されることが多い。ただ、ここにきて、金融仲介機能の正常化、いわゆる貸出を通じた景気回復の後押しという経路も再び機能し始めているようだ。

国内の財政問題や欧州・中国を中心とする海外経済の弱さなど、米国経済の先行きに不透明感が燻っているのは事実だが、一方で実体経済のみならず、信用環境の改善も着々と進展している。

これまで、金融仲介機能の回復の遅れが景気回復の足かせと言われてきただけに、それが好転した際の影響はあなどれない。逆風に備えるあまり、正常化に向けた変化の動きを過小評価すると、先行きを見誤る可能性がある点に注意が必要だ。
 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。