現地ルポ!ヒラリーを支持する人々のホンネ

投票直前に女性有権者が語るそれぞれの想い

カリフォルニアのオレンジ郡の集会で演説するヒラリー・クリントン
大統領選の投票日が迫る中、FBI長官によるメール再捜査宣言というパンチを受けたヒラリー・クリントン陣営。いま、彼女のコアな支持者とは一体誰なのか。そしてその本音は?さらに、ミレニアルズと呼ばれる若者たちがヒラリーをどう見ているのかも直撃した。(本文敬称略)

 

「ヒラリーが予備選に勝ったとき、自宅で友人たちと勝利スピーチを見ていたんだけど、私を含め、友人達の目にも涙がうっすら光ってた」

そう語るのは、カリフォルニア州ハンティントン・ビーチ在住のオードリー・プロッサー、73歳だ。

いま、アメリカの多くの有権者が「Lesser of Two Evils」(どちらの候補も良くないが、少しでもマシな方に投票するしかない)と冷めた声で語る中、ヒラリー・クリントンに涙するまで入れ込むその理由は何なのか?

ヒラリーの演説で涙が出た理由

プロッサーいわく、涙が出たのはヒラリーが予備戦に勝ったからではなく、勝利スピーチを「女性がこの国の大統領になるのは、史上初めてのことだ」という言葉でスタートしたからだという。

筆者は、予備戦でのクリントン候補の演説を間近で何度か取材したが、彼女がスピーチの出だしにのっけから「女性」という言葉を使うのは、一度も見た記憶がない。

「ヒラリーには女性であることしか武器がないのに、肝心の女性たちは彼女を支持してない」とドナルド・トランプが非難する中、スピーチで開口一番、「ウーマンカード」を使うことは、用心深く、意識的に避けているとも取れた。

そのウーマンカードを「史上初」という言葉と共におおっぴらに使い、トランプとの対決を示唆したところに、持てる武器をすべて使って戦う本気の姿勢が見えたとプロッサーは言う。

次ページ女性だからヒラリーを支持するわけじゃない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT