ベンツEクラス最強「AMG E63」のスゴい実力

612馬力の爆速モンスターはここまでスゴい

E63 S 4マチックプラスの0-100km/h加速は3.4秒で、これは911のライバルとして相応しい数値である。標準モデルのE63であっても0-100km/h加速は3.5秒で、E63 Sのコンマ1秒落ちでしかない。

ただし最高速度は両モデルともアウトバーン紳士協定たるリミッター装着のため250km/hに制限されているが、これはAMGのファクトリーに持ち込んでいつでも解除が可能であるほか、E63 S 4マチックプラスではAMGドライバーパッケージを選択すれば、最高速度は300km/hが保証される。ちなみにトランスミッションは、どちらのモデルも電光石火のギアチェンジを可能とするデュアルクラッチ式となる9段AMGスピードシフト MCTを搭載する。

ドリフトモードを標準装備

セダンにして600psオーバー、リミッターを解除したAMGドライバーパッケージでは300km/hの最高速度をもたらすE63 4マチックプラスのパフォーマンスの前にあっては、ニュルブルクリンクで鳴らしたキャデラックのCTS-Vも、BMWのM5やアウディのRSシリーズも敵ではない。大げさに言えば、現時点では、もはや世のEセグメントセダンにライバルは存在しないといってもいい。

EセグメントセダンにしてAMG GT R以上となる最高出力600psオーバーのロクサンSは、まさにAMGの秘密兵器である。しかし、そのパワーがロクサンSのハイライトだと思うのはいささか早計だ。E63 S 4マチックプラスには、3.4秒という0-100km/h加速のほかに、もうひとつセールスポイントがある。それが新しいE63 S 4マチックプラスにだけ標準装備されたドリフトモードだ。

これはAMGダイナミックセレクトでレースモードを選択、同時にESPをオフにして、トランスミッションをマニュアルモードにすると起動されるプログラムで、この時だけはE63 S 4マチックプラスが完璧で純粋な後輪駆動モデルに変身を遂げる。背中がゾクゾクするような大パワー後輪駆動の走りは、ドライバーがふたたびモードを非アクティブ化するまでそれが続き、612psのすべてを後輪だけでコントロールする伝統的な後輪駆動スポーツカーとしての走りが楽しめるのだという。

しかしこのモードは、腕に自信があるドライバーが、サーキットでの走りを楽しむためだけに使用する方が無難だろう。AMGがなぜにE63にAMG GT R以上のパワーを与え、そしてなぜにE63で4マチックを標準採用したのかを考えれば、その答えは簡単に出るはずだ。612psというスーパーカー並のパワーを後輪だけで受け止め、ESPのサポートを受けずにそれを自在にコントロールするのは並のスキルでは到底難しいからである。

次ページインテリアはどうなのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT