ベンツEクラス最強「AMG E63」のスゴい実力

612馬力の爆速モンスターはここまでスゴい

まったくの余談だが、あのランボルギーニ ウラカンでさえ4輪駆動が620psであるのに対して、後輪駆動モデルは最高出力を抑えた580psなのだ。最終的にはパワー(数値)ではなく物をいうのはシャシーの出来だとはいえ、後輪駆動の612psは飛び道具以外のなにものでもない。

E63 4マチックプラスは標準装備としてフロント9.5J×19、リア10J×19インチサイズの高光沢仕上げチタングレー塗装の10本スポークホイールに、フロント265/35ZR19、リア295/30ZR19のタイヤをセットする。一方のE63 S4マチックプラスは、フロント9.5J×20、リア10J×20インチサイズのホイールに、フロント265/35ZR20、リア295/30ZR20サイズのタイヤをセット。ホイールは高光沢仕上げのマットチタニウムグレーカラーを採用した5ツインスポークデザインとなる。これらのタイヤを収めるために、E63 4マチックプラス/E63 S 4マチックプラスでは標準仕様のEクラスよりも17mmフロントフェンダーを拡大している。

ハンマーの再来か

ラグジュアリーな雰囲気だったEクラスのインテリアは、E63 4マチックプラスでは精悍なモノトーンとコーディネイトされている。その趣はいかにもスポーツカー然としたもので、おなじEクラスでもこうも印象が違うのかと感心する。ステアリングホイールはフラットボトムDシェイプ型で、もちろんAMGデザインのアイテムだ。ドアトリムからダッシュボードまでがカーボンパネルに覆われ、センターコンソールにはAMGではお馴染みとなったIWCデザインの時計も埋め込まれている。シートはブラックカラーのナッパレザーとダイナミカマイクロファイバーのコンビネーションで、金属のパドルシフトやシフトノブにはAMGのロゴが燦然と輝く。

E63シリーズは、LAショーでワールドプレミアを迎えた後、翌2017年1月16日まで期間で特別仕様の初回限定モデル、E63 S エディション1の受注を行う。メルセデスのニューモデルでお馴染みとなったこの初回限定モデルは、ナイトブラックマグノと呼ばれるボディカラーを採用。サイドシルパネルにダイナミックストライプを配し、同時にマットブラックの20インチ鍛造ホイールを装着する。

インテリアではブラックのナッパレザーの表皮とフロアマットにイエローのトップステッチを施したほか、IWCがデザインしたアナログ時計も装備し、さらにステアリングホイールにはエディション1ロゴを加えた。もちろん、カーボンファイバーのトリムも標準装備されている。ちなみに、エディション1のデリバリーは2017年3月から順次回する予定であるという。

AMG E63をやり過ぎだと言うつもりなどさらさらさないが、このぶっ飛んだスペックとパフォーマンスを考えれば、少し速いAMGとしてのE43のポジションとキャラがラインナップの中で活きてくるような気がしないだろうか。そう、E43というニューモデルは、E63を頂点とするこのラインナップを前提に緻密に計算され、仕組まれたものだったのだ。

そんなAMGの戦略に感心しながらも、そこはやはり久々にスポーツセダン好きをワクワクさせる、ウルトラホットなモデルがAMGから登場したことを素直に歓迎すべきだろう。600psを超えるそのパフォーマンスと男気溢れる後輪駆動の走りを楽しめるという設定をして、中高年のクルマ好きは(私も含めて)、ついぞW124のボディに6リッターのV8をぶち込んだAMG、ハンマーを思い起こしたりはしないだろうか。

(文・櫻井健一)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT