文化を感じさせる男は、35歳以上でもモテる

お薦めは、オペラ、歌舞伎、文芸

30代半ばを過ぎたら容姿は確実に衰えます。医療や理美容をベースにしたアンチエイジングにも限界があります。容姿とは違った何か“次元の異なる”付加価値を付けないと、自身の魅力は落ちる一方。そうした中、「大人の世界、大人の文化を教えられる」ことが、若い男子にはない魅力、彼らに対する差別化につながると思うのです。

“自らを「カルチャーセンター」にする”

これこそが、私たちオジサン世代にとって、年をとってもモテる秘訣の一端であり、アンチエイジングのひとつの方向性ではないかと私は思います。

ウケのいい文化の3つの条件

“モテる”という切り口で、女性から、「大人の文化だわー」と感じさせるウケのいいものは何でしょうか。それは次の3つの要素がそろっていることだと思います。

・敷居が高いこと

・非日常的なハレの世界

・うんちくを語らなくても、そのよさがストレートに伝わるもの

最初の敷居の高さは、「大人の世界で、私たちには入りづらいわ」と感じさせ、エスコートがありがたいと思わせる領域のことです。

2番目は、普段の生活とは別世界の雰囲気を楽しめ、お祭りのようにわざわざ着飾るハレの日の気分を味わえるもの。

最後が、相手と一緒に楽しめて、そのよさがストレートに伝わるものです。つまり理屈抜きで感性に響くものということ。そういう意味では「うんちく」は避けたほうがいいでしょう。自然な話の流れでうんちくを語るのは造詣の深さを感じさせますが、単なる「うんちく講座」では、聞いている相手をうんざりさせるだけで終わりかねませんので、ご注意を。

この3つの条件を満たすものとして、私は、オペラと歌舞伎をお薦めします。共に和洋を代表する舞台芸術。ほぼ同じ時期に発祥し、今まで人々に愛されてきた古典芸能です。すごく似ている部分と、まったく正反対な部分があることが興味を引かれる点でしょう。

次ページ一緒に旅行に行った気分になる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。