民間出身初の女性校長になった、剛腕マザー

リクルートのトップ営業、会社社長、そしてどん底も経験

「昔からハッキリ言うタチで、この商品はお客さんに必要ないと思ったら『出稿する必要ないと思います』なんて言ってしまう。だからかえって、信用されて、次々にお客さんを紹介してくれたのかもしれません」

30歳の時、MBA留学したのも、言うなら「お客様のため」。

「お客さんにこれからの会社は国際化だと、これからの社員は国際人だとお話しているのに、そう言う自分がちっとも国際人じゃない。これじゃあ、説得力がないよなぁと思ったのです」

アイデアは即実行が、平川さんの信条だ。留学を思い立ったと同時に、アメリカに学校見学に旅立った。

「そのとき初めて、MBAに入学するにはTOEFLが必要だと知りました。アホですよねぇ」

目的達成の手段がわかったら、実行あるのみだ。

「入っていると眠くなるコタツを捨て、誘惑の温床のテレビは後ろ向きにして猛勉強」し、いざ、南カリフォルニア大学のビジネススクールに進学した。

「大学は国文科だから、英語は苦手だし、会計なんてサッパリ。だから、勉強についていけなくて、留学中は、病院に担ぎ込まれたこともあります」

現在の仕事にもつながる、貴重な体験もした。

「教育関連部署にいた上司が、アメリカの大学の経営改革の成功事例を日本の大学に“移植”するため、アメリカの事例を研究しに来た。そこで、私は運転手兼通訳として同行し、アメリカの大学数十校を見て回りました」

MBAを修了後、リクルートに戻ると、すっかり「アメリカの大学ツウ」になっていた平川さんの元に、「このスキルを身に付けるには、どこに留学すべき?」といった質問をぶつける同僚や友人が押し寄せるようになった。

「留学は人の人生を左右する一大事業。そのアドバイスを的確にすることは、人の役に立つなと思って、本業にしたくなったのです」

次ページ無一文から会社を興す
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。