国内”勝ち組”の日立、次は世界に挑む

世界のインフラ市場を目指すが、そのハードルは高い

苦境にあえぐ日本の電機業界で、今や勝ち組の筆頭となった日立製作所。リストラや構造改革に追われるシャープやパナソニックを横目に、さらなる高みを目指して動き出した。

「欧米企業に一周遅れでも追いつく」。5月中旬の経営方針説明会で、中西宏明社長はグローバル企業への脱皮をあらためて宣言。2015年度に営業利益率7%を超えるという目標を打ち出した。

日本の電機メーカーにとって営業利益率5%は大きな壁だ。好調・日立も超えられないでいる。しかし、営業利益率10%台をたたき出す米ゼネラル・エレクトリック(GE)や独シーメンスをライバル視する中西社長にとって、7%は彼らに挑戦するための最低ラインなのだ。

もう一つ、国内では相対的に好業績であるため、日立社内の危機感は一時に比べ薄れている。国内水準で安住しないためにも、目線を引き上げる必要がある。

次ページ海外でのサービスを強化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。