国内”勝ち組”の日立、次は世界に挑む

世界のインフラ市場を目指すが、そのハードルは高い

苦境にあえぐ日本の電機業界で、今や勝ち組の筆頭となった日立製作所。リストラや構造改革に追われるシャープやパナソニックを横目に、さらなる高みを目指して動き出した。

「欧米企業に一周遅れでも追いつく」。5月中旬の経営方針説明会で、中西宏明社長はグローバル企業への脱皮をあらためて宣言。2015年度に営業利益率7%を超えるという目標を打ち出した。

日本の電機メーカーにとって営業利益率5%は大きな壁だ。好調・日立も超えられないでいる。しかし、営業利益率10%台をたたき出す米ゼネラル・エレクトリック(GE)や独シーメンスをライバル視する中西社長にとって、7%は彼らに挑戦するための最低ラインなのだ。

もう一つ、国内では相対的に好業績であるため、日立社内の危機感は一時に比べ薄れている。国内水準で安住しないためにも、目線を引き上げる必要がある。

次ページ海外でのサービスを強化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。