SNSが「ファッションショーの常識」を覆した

より派手に、よりタイムリーに

 

今回のファッションウィークに対するトミーヒルフィガーのアプローチは、ブランドの二面性、ソーシャルメディアや、目にしたものをすぐに買いに走る大量消費時代によるプレッシャーに迫られた対応だ。現在、ファッションショーは、非常に異なる2つのグループに属する人々へ異なるものを提供しなければならない。それは、一般大衆向けのエンターテインメントおよびエンゲージメントのソースであることであり、同時に、批評をしてくれるバイヤーやプレスのために、包括的な新製品コレクションでもあることだ。

今シーズン、デザイナーたちはコレクションを、パーティーで、カーニバルで、従来のキャットウォーク上でどのように披露するのか、そしてそれは誰に対するものか、顧客なのか、それともバイヤーなのか、決断しなければならなかった。何が一番効果的なのかの確認をブランドは急いでいることから、それらの判断の重要性は明らかである。

「ガイダンスや第一人者の見解などがあれはいいのだが。いまはまったくパニック状態にある」とDKNY(ダナ・キャラン・ニューヨーク)でグローバルコミュニケーションのバイスプレジデントをかつて務めた、アリザ・リヒト氏は語る。

パブリシティ向けの派手なイベント

ファッションショーの目的は、ソーシャルメディアによって、まったく変わってしまった。結果、デザイナーたちは新作コレクション発表の際、誰でも参加できるようなイベントに注力している。かつてはシンプルで、そうではなかったのだが。

2016年1月、CFDA(アメリカファッション協議会)はボストンコンサルティングエージェンシーと提携し、ニューヨークファッションウィークの目的を評価することにした。同報告書はほとんど要領を得ないものであったが、CFDAは、その当初の目的が何であったかをあらためて提示した。つまり、「デザイナーたちはコレクションを紹介し、プレスはそのコレクションを評価し、バイヤーは発注すること」だ。

しかし、状況は変化してきている。テクノロジーによってファッションショーが数百万のユーザーの目にされるようになった。ライブ配信、インスタグラム投稿、スナップチャット投稿が、いままで閉鎖的だったショーの扉を吹き飛ばしたのだ。

「かつてはトレードイベントだったのが、現在はリアルタイムで大衆の前に出ている。それが盛り上がりを強めている」と、CFDAのプレジデント、スティーブン・コルブ氏はその報告書で述べている。

次ページ誰のためのショーなのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT