医師の転職、稼げる地域、稼げる科目とは?

医師の偏在のせいで年収ダウン?

実はサラリーマンより選択肢は狭い医師の転職事情

皆さん日本にはどれくらい病院があるかご存じですか?

現在8500くらいになります。つまり8500という数が需要側の総数です。医師が働くのは病院だけに限られませんが、ほとんどの勤務医は病院で働くため、医師が転職先を探すときはこの限られた市場の中で、自分に合った病院を探すことになるのです。

病院数はたとえば東京都では642ありますが、島根県では53しかありません。また地方であるほど大学医学部の影響が強くなりますし、大学からの派遣中心の病院だと直接応募しても、その大学との関係を病院が重視すると採用してもらえないこともありえます。とにかくサラリーマンに比べて、その転職先というのはかなり限られたものになるのです。

また、自分の専門の科目で必ずしも募集があるかどうかはわかりません。前述のとおり内科系であれば求人は多く、どこにいっても募集はありますが、外科系や他科系では募集が限られます。

医局という組織を離れてみたものの、希望勤務地では求人がほとんどないという状況も考えられます。そういった意味においても、医師が転職や退局を考えるうえでは、労働市場というのも意識して冷静な行動を取ることが必要となってくるのです。

次のコラムでは、医師のアルバイトについてお話をしていきたいと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。