医師の転職、稼げる地域、稼げる科目とは?

医師の偏在のせいで年収ダウン?

まずは、地域についてです。

医師のいる地域、いない地域

地域の偏在を知っていただくための資料として、厚生労働省が発表している「人口10万対医師数」というデータがあります。

これは都道府県別に10万人の人口に対して何人の医師がいるかということを示したデータですが、多い県のベスト3は、1位京都府286.2人、2位東京都285.4人、3位徳島県283.0人となっており、反対にワースト3は、1位埼玉県142.6人、2位茨城県158.0人、3位千葉県164.3人となっています。少し意外な結果だと思いませんか?

普通に考えると医師は東京に集中し、医師がいないのは東北や北海道ではないかと思われる方が多いかもしれません(ちなみに医師に医師が多い県、少ない県のベスト、ワーストを質問しても、完璧に答えられるような方はほとんどいません)。

このデータから労働市場的に読み取れることは何か?

たとえば京都府と埼玉県においては、医師の充足数が倍違うということになります。そうなると医師が多い京都は当然のことながら求人の数は少なく、求人があっても埼玉県などの医師不足の地域よりは、給与などの条件が悪くなる傾向があります。

埼玉県で2000万円の年収があった医師がいて、何かしらの理由により東京都に転居を希望されたとします。今の年収ベースの希望があったとしても、それが東京でもかなえられるのか? 求人はあったとしても、その条件に見合うところはかなり少なくなると思います。

もちろん京都や東京においても、中心部の都市と交通アクセスが悪く都市部からかなり離れた地域では、医師数は少なくなります。ただ医師が転職するにあたって、その地域の医師の充足状況というのは、ある程度冷静に把握したうえで活動しないと、失敗する可能性があるのです。

科目においても偏在はある

次に知っていただきたいのは科目についてです。

医師は医師免許取得3年目の後期研修から、自分が進む専門科目を選択しなければなりません。自分がやりたい科目を選択するというのが大前提にはなるのですが、ここでも少し認識をしたほうがよいのが、科目別の求人ニーズです。

次ページ圧倒的に求人が多いのは○○科
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。