イギリスで「自動運転車」が公道を初走行

2020年までの導入目指す

10月11日、英国の公道で自動運転車の試験走行が初めて行われた。2020年までに自動運転車の導入を目指す計画。英南部ミルトンキーンズで撮影(2016年 ロイター/DARREN STAPLES)

[ミルトンキーンズ 12日 ロイター] - 英国の公道で11日、自動運転車の試験走行が初めて行われた。2020年までに自動運転車の導入を目指す計画の一環。

自動運転車は2人乗りの電気自動車で、英南部ミルトンキーンズ市内の歩行者専用区域周辺の道を時速5マイル(8キロ)で走行。カーブを曲がり、歩行者が道を横断する際にはきちんと停止した。

来年からは高速道路での試験走行を計画

使用された自動運転車は、仏ルノー<RENA.PA>の小型車をベースとしており、英オックスフォード大学から独立したソフト会社オックスボティカが開発した。

今回の試験走行に携わった、将来の交通システムを研究する英政府系トランスポート・システムズ・カタパルトのディレクター、ニール・フルトン氏はロイター通信に対し、「重要なのは、初めて自動運転車が英国の公道を走ったことだ」と強調。「自動運転車が自ら運転できること示せれば、信頼を得ることができる」と話した。

英政府は自動運転技術の開発や試験で、ハイテク企業や自動車メーカーを支援。世界で2025年までに約9000億ポンド(1.1兆ドル)規模に拡大すると予想されている自動運転関連産業を、英国内で育成したい考えだ。

同国政府は今年、2020年頃の自動運転車導入に備えて、保険ルールや交通規則の変更の検討を開始した。来年からは自動運転車の高速道路での試験走行が見込まれている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT