パナソニック、円安で利益350億円上振れも

リストラ先延ばしには警戒感

最終黒字化目標はリストラ敢行が前提

パナソニックが今期の利益率改善に向け、事業部門別で大幅な営業増益を見込むのは、不採算のテレビ事業などを扱う「AVCネットワークス」(以下、AVC)、半導体や自動車部品等を扱う「オートモーティブ&インダストリアルシステムズ」(以下、AIS)の2部門。

AVC部門では、前期に赤字だったテレビ・パネル事業において、海外の不採算工場での生産終了などリストラを進めており、今期は545億円の赤字幅縮小を見込むという。また携帯電話事業でも、前期に欧州でのスマートフォン事業から撤退するなど合理化を進めており、今期は前期比70億円赤字幅を縮小させる、としている。

一方、AIS部門では、システムLSI以外の半導体を手掛けるセミコンダクター事業で172億円の赤字幅を改善。不採算のリチウムイオン2次電池を手掛ける小型2次電池事業でも、国内生産拠点を半減するリストラを進めており、採算改善効果が163億円見込まれることから、前期の赤字(100億円)から今期は黒字(63億円)に浮上する。

今期はこうした不採算事業の改善に加え、自動車や住宅などの注力分野で収益を底上げする構えだ。さらに、前期は減損処理や繰り延べ税金資産の取り崩しなど、5593億円に上った営業外損失が、大幅に減少するとの見通しから、最終黒字への転換を会社側は計画している。

不採算事業の合理化に向けては、今期も事業構造改革費用として1200億円を計上する。今期の最終黒字化達成には、こうしたリストラの敢行が前提となる。

次ページ円安続けば350億円上振れるが…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。