パナソニック、円安で利益350億円上振れも

リストラ先延ばしには警戒感

円安効果で上振れ期待も、リストラ先延ばしに警戒

業績計画には上振れ要因もある。直近で一時、対ドルで102円までつけた、円安傾向である。

パナソニックは今期の為替レートとして、1ドル=85円、1ユーロ=110円、1人民元=13.7円を前提としている。同社によれば、1円円安に振れれば、対ドルで150億円の営業増益、対ユーロでは340億円の営業増益、対人民元では逆に140億円の営業減益といった影響が生じるという。

足元では1ドル=100円超、1ユーロ=130円超まで円安水準に振れていることから、この水準が続けば、「合計で(通期)350億円の営業利益の押し上げ効果が出てくる」と河井常務は説明する。

警戒すべきは、こうした円安による追い風が、リストラ計画の先延ばしにつながることだろう。会社側の今期計画を達成しても、AVC部門の営業利益率は約1.8%と低く、AIS部門もなお約3.0%に過ぎない。会社側が新中期計画の目標値として掲げた2015年度の営業利益率目標5%に比べると、まだまだ低水準だ。

「まずやるべきことは、一刻も早く赤字事業をなくすこと」。中期計画の発表会見の冒頭で、そう宣言した津賀一宏社長の実行力が問われる1年となる。

(撮影:尾形 文繁)
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT