漂流するルネサス、成長戦略は棚上げ

「猫の目」のトップ人事、オムロンの作田会長がCEOに

ルネサスが売却に動いている鶴岡工場(山形県鶴岡市)
 

経営再建中のルネサスエレクトロニクスは5月9日、会長兼CEOにオムロンの作田久男会長(68)を選任するトップ人事を発表した。6月の株主総会後に就任する予定。2月22日に就任したばかりの鶴丸哲哉社長(58)は社長兼COOとして続投するが、実質的な経営の最終権限は作田氏が握ることになる。

大株主出身者、しがらみを断ち切れず

これまでルネサスのトップは、大株主の日立製作所やNEC出身者が選ばれてきた。赤尾泰前社長や鶴丸社長はいずれも日立出身者だが、社内をよく知る一方で、しがらみを断ち切れずに改革のスピードが遅れていることが問題視されてきた。

くるくる変わる。外から見れば、まるで「猫の目」のようなトップ人事が、ルネサスの迷走を象徴している。昨年12月に官製ファンドの産業革新機構がルネサスへの出資を決めた時、すでにトップ人事は懸案事項だった。「大胆な改革をするには、外部からトップを選ぶ必要がある」(革新機構幹部)と、経済産業省と一緒になって人選を続けてきた経緯がある。複数挙げられた候者者の中には、元ソニーの吉岡浩副社長ほか、外国人のCEO経験者などが複数挙がっていたようだが、結果として白羽の矢が立ったのはベテラン経営者となった。

ルネサスの会長兼CEOに内定したオムロンの作田久男会長(撮影は2006年)

作田氏はオムロンで幅広い事業に携わり、経営戦略室長などを経て2003年に社長に就任。12年から同社の会長を務めていたが、6月20日に開催するオムロンの株主総会後に退任予定となっている。ルネサスの鶴丸社長は「作田氏は経営者として非常に高い力量と経験を持っている。大きな勇気をもらったと考えている」と期待を寄せるが、役割分担については明らかにしなかった。

同日、ルネサスは最終赤字が1675億円(前期は626億円の最終赤字)と大きく膨らんだ前年度(13年3月期)決算も発表したが、今年度(14年3月期)の業績予想については開示しなかった。革新機構からの増資完了後に発表するとの説明だが、ルネサスが革新機構から1383億円、トヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなど主要取引先8社から計117億円の出資を受ける期限は9月末。増資の時期は明確には決まっていない。最悪の場合、9月末までルネサスの業績予想は非開示のままになる可能性もある。

次ページ鶴丸・現社長の見解は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT