トヨタ「86」 今さら乗ってみた

発売1年の軌跡、日本のスポーツカーは今

クルマ好きには有名な話だが、「86」は、トヨタが1983~87年に販売していた「カローラ/スプリンター」のスポーツモデル「レビン/トレノ」の車両型式番号「AE86」を車名の由来としている。「AE86」は小型・軽量かつFRという希少性に加え、人気漫画にも登場したことで、絶版後も息の長い人気を保っている。そのトヨタが資本提携先の富士重工業(スバル)の力も借りて、小型・軽量・FRという「AE86」の特徴を、現代へよみがえらせたスポーツカーが「86」(兄弟車のスバル車は「BRZ」)だ。

バブル前後はスポーツカーの全盛時代

低い車高に流れるようなデザイン。高い走行性能。昔はスポーツカーといえば若者の憧れだった。全盛はバブル前後で、有名なのはホンダの「プレリュード」(車両型式はBA4/5/7)や日産自動車の「シルビア」(S13)。プレリュードは1988年に約5万8000台、シルビアは89年に約8万1000台を売った。「86」を除けば、月間数百台がせいぜいの、今のスポーツカーでは考えられない数字だ。当時は「デートカー」とも呼ばれ、とくに「女性をデートに誘うために、無理してローンを組んでスポーツカーを買った」という逸話のある現在40~50代の男性も少なくないだろう。

彼らにはそれが青春だった。今年37歳の記者も、そんな少し上の世代の影響を受け、学生時代はアルバイトで貯めたおカネを注ぎ込んで中古の日産「スカイライン」(R32)を買い、社会人になってからは、背伸びして組んだローンで新車の「シルビア」(S15)を購入したクチだ。どちらかといえば、「カーマニア」「クルマおたく」の部類だったが。

「86」のコクピット。カッコいい内装も運転の気分を高揚させる

一方、スポーツカーに憧れ、実際に購入にまで至る若者は、どんどん減っていった。1990年代後半以降は、ミニバンやSUV(スポーツ多目的車)など、利便性を優先した車種や経済性に優れたコンパクトカーなどの人気の高まりとともに、スポーツカー市場は縮んでいく。

そもそも、「86」の投入まで、スポーツカーから最も距離を置いていた日本の自動車メーカーがトヨタだった。トヨタは1999年に「MR-S」を投入(2007年に販売終了)して以後、新型スポーツカーの投入を控えていた。車内空間が狭く、たくさんの荷物も積めず、相対的な燃費もよくない「スポーツカーは現代に最も向いてないコンセプトのクルマ」(トヨタマーケティングジャパンの喜馬氏)で、販売台数を稼げないことが要因だった。

次ページ若者は本当にスポーツカーに興味がないのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT